CHECK

初心者はおさえておきたい!ドローンの基礎的な知識と選び方のポイントなどを紹介

ドローンはネットショップを通じて購入できますが、選び方のポイントはドローンをどのような目的で使うのか、これにより変わります。例えば、操作に不慣れな人や空撮したい人、コストをなるべく抑えて趣味で楽しみたいなどです。ニーズに合うものを選んでおかないと機能が足りないとか、空撮に使うカメラを搭載できないなどのケースもあるので注意が必要です。値段も1万円程度で購入できるものや数万円のもの、本格的な撮影に使える高額なものもあります。

無人での遠隔操作を可能にするドローン

多くのドローンの資格では、目視で機体を確認できる場所にパイロットが居る状態で操縦することが求められています。一方、上級の資格を取得しており、法律で許可されているエリアでは無人での遠隔操作が可能です。これらのシステムのは、ドローンを使用して宅配便を遠隔地まで届ける実証実験が行われているほか、災害時の人命を確認するために利用することが想定されています。遠くまでドローンをフライトさせることから目視では機体の確認はできませんが、搭載されているカメラで捉えた映像をモニタリングしながら操縦を行います。現在では実験的に許可されたエリアや、超法規的に様々な活動が行える行政特区など限られた場所でしか行えない行為ですが、将来的には法改正や新たなライセンスを用意するなどして本格的な運用がされることが期待されています。宅配便や人命救助など多くの人々にとって役立つものであることから、ドローンの新たな有効活用と社会貢献の実現が急がれています。

スマートフォンの操縦で空撮や飛行を楽しめるドローン

ドローンの操縦には専用のコントローラーを使用するものがほとんどですが、一部にはスマートフォンに対応した機種も存在しています。端末を自身で用意することからコントローラが付属せず本体のみのセットとなっていることから、低価格で購入できるのも嬉しいところです。ドローン本体にはWi-Fiのレシーバーが備えられており、スマートフォンと連携して操縦をすることが可能です。端末に専用アプリをインストールすることでコントローラーとして機能し、タップやスライドをすることで操作できます。シンプルで分かりやすいユーザーインターフェイスから直感的に操縦することができ、ドローンを自由自在にコントロールできます。この方法のメリットは、何と言ってもコントローラーの寿命を気にせずに済むことです。一般的なコントローラーの場合はレバーやボタンを使用し続けることで劣化する可能性がありますが、タッチパネルなら耐久性が遥かに高く、何度でも使用し続けることが可能です。

ドローンは子供でも安全に楽しむことができる?

ドローンは年齢は関係なく楽しむことができます。これから趣味にしていこうと考えている方が結構いるかと思われます。最初は難しそうに見えますが、何回も操縦しているうちに慣れてきますし、技術が向上すれば自由自在に動かすことができるようになります。大人だけでなく、子供からの人気も高いです。小学生くらいからは楽しむことができるので検討してみる価値があります。家の中でゲームばかりするより、外に出てドローンで遊んだ方が良いです。子供の頃からドローンを操縦して高いスキルを身につけることができれば、将来仕事で活用できるようになります。ドローンは様々な製品があるため、しっかりリサーチした上で決めることが重要です。どれも同じに見えるかもしれませんが、性能や耐久性などが異なります。また、安全性も蔑ろにできないポイントです。トラブルが生じて怪我をすることになれば大変です。実際に使用している人の口コミなどを参考にして、安心して遊べるものを選んでください。

ドローンにはGPS・電子コンパス・加速度センサーなどが搭載されている

ドローンは趣味としてだけでなく、ビジネスでも活用される機会が確実に増えています。建設や農業では従業員の負担軽減に繋がっていますし、警備では人が入ることができないところも映像で確認できるので、効率よく業務ができるようになっていて使用するメリットが多いです。ドローンはGPSや電子コンパス、速度センサーなどが搭載されている精密機器になるので、故障した際の対応がかなり重要になります。故障した際に自分で修理しようとする方がいますが、慣れていないのに無理に修理しようとするのはおすすめできません。素人が修理をしようとした結果、問題がさらに大きくなって買い替えなければいけなくなったケースがあるので注意が必要です。専門の修理業者に依頼した方がスムーズに修理できます。お金をできるだけかけたくない考えは理解できますが、安く抑えることよりも元通りに直すことの方が大事です。ドローンのような精密機器は、素人が簡単に直せるものではないです。

個性豊かな機種が展開されているドローン

ドローンは、近年では撮影や測量など、さまざまな用途で活用されています。
それに伴い、メーカー各社は色んな用途や目的に対応できるように、多様な個性のある機能を備えた製品を展開しています。
その中でも特に個性的な機種なのが大型ドローンです。
ドローンといえば小型の機体というイメージがあるかも知れません。
しかし製品によっては大型のものも存在します。
大きくて存在感があり、長距離飛行も可能な製品もあります。
そのため、災害救助や物資輸送などに用いられることもあります。
そして、水中ドローンも人気がある機種です。
これは、海中や湖などの水中を撮影や調査するために活用されています。
水中カメラを搭載しており、魚やサンゴ礁などの美しい水中の様子をリアルタイムで確認できます。
農業用の機体は、農薬散布や肥料散布などの活用のためにつくられたものです。
従来の農業機械に比べると、省力化や効率化につながり、人材不足の悩みも解消されます。

ドローンのフライトには特別な資格や免許が必要?

ドローンのフライトには、基本的に免許や資格は必要ありません。
そのため、誰でも自由に操縦することができますが、航空法で定められたルールに従って、周囲に迷惑をかけないように飛行するようにしなければなりません。
ただし、場合によっては特定飛行という国土交通大臣の許可・承認が必要になるケースがあります。
例えば、空港などの周辺や150m以上の上空・人口密集地の上空・緊急用務空域・夜間・目視外・人や物と距離を確保できない飛行・催し場所の上空・危険物の輸送・物件の落下といった条件に該当する場合です。
このような特定飛行を行う場合は、国土交通省に申請して許可を得なければなりません。
さらに、ドローンの飛行形態はリスクに応じてカテゴリⅠ~Ⅲに分類されており、それぞれ手続きの要否が異なります。
カテゴリⅠの場合は特別な許可等が不要ですが、カテゴリⅡの場合は立入管理措置を講じる必要があります。
カテゴリⅢの場合は、無人航空機操縦者技能証明の一等資格を取得する必要があります。

ドローンのマナーやプライバシーを守るために知っておくべきこと

ドローンは近年、さまざまな用途で使われるようになりその普及は加速しています。
しかしドローンを動かす際には、マナーやプライバシーに配慮することが重要です。
ここでは適切に扱うために知っておくべきことについて考えてみるべきかもしれません。
まず動かす際には、周囲の人々やプロパティに気を配ることが大切です。
ドローンのプロペラは高速回転しており、誤った操作で事故を引き起こす可能性があるため、人々や動物に対するリスクを最小限に抑えるために、安全な飛行エリアを選びましょう。
公共の場で飛行する際には他の人々のプライバシーや安全を尊重し、許可を得ることが重要です。
ドローンを飛ばす際には、法律や規制に従うことが不可欠です。
各国や地域には飛行に関する法律や規制が存在し、これらを守ることが法的責任です。
航空局や地元の自治体のガイドラインを確認し、許可が必要な場合は取得するべきかもしれません。
違法な飛行は罰則があることもあるため、法を守ることは非常に重要です。

近年で産業・商業用ドローンが注目を集めている理由

日本国内におけるドローンの市場規模は、2020年で1840億円以上と推測されており、2025年にかけて6500億円ちかくにまで伸びる勢いです。
ドローン市場は拡大し続けており、色々な産業分野に進出をみせています。
飛躍的に導入が進められているジャンルでは、農業・測量の分野をあげることができます。
農業にあっては、農薬散布のための活用が各地で進んでおり、特に急傾斜のあるエリアのように農業従事者の負担が大きい場所での作業に効果を発揮しています。
農業人口の高齢化や減少などの状況変化に適応し作業の省力化・迅速化が実現しているようです。
国交省は生産性向上プロジェクトとして、「アイ・コンストラクション」を掲げ測量分野でのICTを導入し生産性を向上する計画が展開しています。
ドローンは飛行しながら俯瞰の視点で広範囲を測量できるため、広大な面積の測量が迅速になるばかりか、工事現場のマップや3dモデルの作成も容易にできます。

承認が必要となるドローン飛行の方法とは?

ドローンを飛行させる際には、承認が必要な場合があります。
承認の必要性は、国や地域によって異なりますので、まず最初に現地の法律や規制を確認することが重要です。
まず最も基本的なポイントは運用に関する法律や規制を理解することです。
多くの国では一般的なルールが設けられており、これに違反しないようにする必要があります。
たとえば飛行高度制限、飛行範囲制限、人やプライバシーへの配慮などが挙げられます。
次に飛行させる場所に関する情報を収集しましょう。
一部の場所では特別な許可が必要な場合があります。
例えば空港や政府の施設周辺では、厳格な規制が適用されていることが多いです。
また自然公園や保護地域など、環境に配慮が必要な場所でも必要かもしれません。
飛行計画を立てることが重要です。
飛行計画には日時、経路、高度、予定する作業内容などが含まれます。
特に商業用途でのドローン飛行の場合、詳細な計画が必要とされることがあります。
計画を提出する際には、関連する当局や規制機関に必要な情報を提供し、許可を取得するプロセスを進めることになります。
ドローンを飛行させる際には地元の法律と規制を遵守し、必要な許可を取得するための計画を立てる必要があります。
安全性と合法性を確保するために、注意深く計画を進めましょう。

名古屋のドローンを詳しくに関する情報サイト
ドローンの基礎的な知識

このサイトでは、メディアやドラマ・映画などでも利用されることが多くなってる無人航空機ともいわれるドローンの基礎的な知識や選び方のポイントについてご紹介しています。ネットなどでも購入できる機体ですが、選び方では注目しておかなければならない点があります。また、従来のラジコンヘリコプターと違いなどにも触れています。なお、操縦する場合は資格は要りませんが民間資格などを取得しておけば知識はもちろん技術なども身に付けることができます。

Search