CHECK

ドローン選びで注目すべきポイントとは?

ドローン選びで注目すべきポイントとは?

近年空撮やビジネスなどに活用されているドローンを、購入しようか検討している方も多いのではないでしょうか。ただ、ドローンは様々な種類が販売されているため、どのような物を選べば良いのか迷ってしまう方も少なくありません。ドローン選びではどのようなポイントに注目すれば良いのか予め把握しておくことが大切です。ドローン選びで注目すべきポイントは、まず「用途」です。使用する用途によって必要となる機能が変わってくるため、必要な機能やシステムが搭載された期待を選ぶことが重要となります。例えば空撮を目的とするならば、カメラ映像をリアルタイムで見ることができる「FPV機能」は必須になりますし、飛行練習用であれば、耐久性に優れた物を選ぶ必要があります。 次に「重量」です。重量によって扱い方が大きく変わり、200グラム未満であれば玩具のような扱いになるため、比較的場所を問わず自由に飛行させることができますが、200グラム以上の機体は飛ばすために地方ごとの航空局への許可が必要になる場合もあるため、重量も選択する上で重要な項目になります。

子どもでも飛ばせるカメラ付きトイドローンとは

重量が200グラム以下のドローンを、一般的にトイドローンと呼びます。資格が不要で、誰でも気軽に飛ばせるドローンです。小型で軽量であることから、室内で飛行できるのも特徴の1つです。飛行中の高度が自動でキープできたり、ワンタッチで離着陸できたりなどアシスト機能が充実しており、子供や初心者にもおすすめです。 製品によりますが、カメラ付きなら本格的な空撮を楽しめるものもあります。スマートフォンと連動しているモデルは、自分のスマホでドローンを操作できます。撮影している映像をリアルタイムで確認したり、SNSにシェアしたりすることも可能です。 ただし屋外で飛ばすときには、小型無人機等飛行禁止法によって規制されます。空港の周辺や、地面から150メートル以上の高度での飛行が禁止されています。ほかにも国の重要な施設の周辺300メートル以内で飛ばす際には許可が必要です。国の重要な施設には原子力発電所や、各国の大使館などがあります。重さが200グラムを超えると、航空法の対象になります。

名古屋のドローンを詳しくに関する情報サイト
ドローンの基礎的な知識

このサイトでは、メディアやドラマ・映画などでも利用されることが多くなってる無人航空機ともいわれるドローンの基礎的な知識や選び方のポイントについてご紹介しています。ネットなどでも購入できる機体ですが、選び方では注目しておかなければならない点があります。また、従来のラジコンヘリコプターと違いなどにも触れています。なお、操縦する場合は資格は要りませんが民間資格などを取得しておけば知識はもちろん技術なども身に付けることができます。

Search